【台湾ランチ】東京おしゃれ台湾食堂

content

スポンサーリンク(広告)

東京で味わえる本格台湾屋台食堂をご紹介

【五反田】東京豆漿生活(とうきょうとうじゃんせいかつ)

おすすめインフォ
ひとりもしくは2~3人

表通りから1本入った住宅街にある東京豆漿生活。通り過ぎてしまうようなひっそりとしたレトロな入り口です。
住所・東京都品川区西五反田1-20-3 MKYビル 1F
大崎広小路駅徒歩2分、五反田駅徒歩5分
営業時間・月~金:朝8時~15時/土日祝:朝9時~15時

黄色と青に建物が目印
レトロな雰囲気な入口

鹹豆漿(シェントウジャン)豆乳スープ


お近くの人は朝がおすすめですが、私はランチで行ってきました!
平日13時半ごろだったので並んでいる人はいなくて店内も空いていましたが、目当ての焼餅は売り切れだったので早めに行く方が色々な種類の焼餅があるのでおすすめ。
まずは鹹豆漿(シェントウジャン)塩味で酢っぱさも少しある豆乳のスープに肉鬆(ローソン)120円をトッピングにあげパン、黒ゴマがのった大根の焼餅、ピーナツが入った甘い饅頭。
豆乳スープはドロッとしてやさしい口当たりですが、塩味とややすっぱい感じの日本食にはない味付けがなんとも不思議な後を引くおいしさです。
焼餅はパイみたいな生地でサクッと中身ぎっしりな感じなのでお腹にたまります。
ピーナッツクリームが入った餅はほんのり甘めです。

豆乳スープ450円と饅頭
カウンターで注文します。
注文の仕方は店員さんに聞くと教えてくれます。
落ち着く空間
レトロな雰囲気の店内


古い建物をリノベーションしているようで、店内もレトロ風な感じです。
13時半ごろに行ったのでお客さんは1組だけでした。
台湾には行ったことがありませんが、異国を感じる時間を過ごすには最適なお店でした。

東京豆漿生活
(とうきょうとうじゃんせいかつ)

住所:東京都品川区西五反田1-20-3 MKYビル 1F
大崎広小路駅徒歩2分、五反田駅徒歩5分
営業時間
月~金:朝8時~15時
土日祝:朝9時~15時
最新情報はインスタでチェック!
https://www.instagram.com/tokyomamehana/

【代々木八幡】押競満寿(おしくらまんじゅう)

おすすめインフォ
ひとりもしくは2~3人

代々木八幡近くの住宅街にある押競満寿。地図を見ながら進む方がわかりやすいかも。
住所・東京都渋谷区元代々木町25−5
小田急線代々木八幡徒歩3分、千代田線代々木公園徒歩4分
営業時間・朝9時~17時/定休日:月曜
お食事 9:00 – 14:00/喫茶 14:00 – 17:00 (Lo 16:30 )

ルーロー飯セットおかず3品、スープ付き

お昼にお腹が空いていたのでルーロー飯のセットにしてみました!
おかず3品がついているのですが、左から厚みのある卵焼きをくずして炒めたようなきくらげの卵炒め、真ん中が柔らかいタケノコのメンマの辣油和え、右がとうがんの煮たもの。
お茶碗のご飯の上にはあふれんばかりのトロトロな豚肉と味たまご、高菜、キュウリがのっています。
コーンとたまごのやさしいスープ付き。

おかずもスープもついて食べ応えありのセット
八角の香りと甘辛く煮込だ肉と具材がてんこもりです
食事メニュー
店内の雰囲気もおしゃれです
カウンター席は窓際
テーブル席もあります

ルーロー飯はよくあるひき肉を使ったものではなく、食べ応えのある角切り肉でかみしめるほどに甘辛なタレとご飯がとにかく合います。テイクアウトで豆乳スープを購入しましたが、個人的な感想としては塩味がかなり濃いめで、酸っぱさはさほど感じませんでした。五反田の東京豆漿生活の方が塩分控えめで酸っぱさもほどほどに全体的に優しい味でした。
好みがわかれると思いますが、押競満寿の方が全体的に濃いめの味付けの印象です。

静かな住宅街さすが代々木界隈は素敵な邸宅が多いのでのんびり散策の休憩にも良い環境かと思います。
朝ならやはりお粥セットもよさそう。カウンターには台湾カステラなどのスイーツもありました。

押競満寿
(おしくらまんじゅう)

住所:東京都渋谷区元代々木町25−5
小田急線代々木八幡徒歩3分、千代田線代々木公園徒歩4分
営業時間
お食事 9:00 – 14:00
喫茶 14:00 – 17:00 (Lo 16:30 )
月曜定休
最新情報はインスタでチェック!
https://www.instagram.com/osikuramanju.hachiman/

東京で台湾を味わう

都内で台湾屋台食堂系のお店が増えてきたように思います。
朝粥、台湾小皿料理、台湾焼きそばや神保町にオープンした牛肉麺(ニューローメン)の「馬子禄」(マーズルー)をはじめ牛肉麺系も増えてますよね。
マーズルーは1度仕事帰りに並んで食べました。
八角とかの香辛料でとろとろに煮込んだ肉の味がとても好きなので、麺にもご飯にも台湾系の食は私の好みに合うみたいです。
気になっている三商巧福 赤坂店(サンショウコウフク)にも近いうちに行ってみようと思っています。

shoko
東京は世界中の食が集まっています。
せっかく東京に生まれ育ち現在も生活の拠点となっている東京で世界中の食堂を今後もレポしますのでお楽しみに!


この記事のカテゴリーはこちら

スポンサーリンク(広告)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
content
閉じる